護身術教室:後ろから腕を掴まれた場合の対処

後ろから腕を掴まれた場合の対処例である護身術動画です。

歩いていたら突然、あるいは立ち去り際に、後ろから”ちょっと待てよ”と言われる風に、
片腕を掴まれた場合、振り向きざまに何か攻撃されるかもしれません。
防犯対策として、振り向く場合の危険を予想します。
相手の正面ではない位置にステップして振り向くようにします。
良い位置どりができれば、相手がたとえ次の攻撃をしてきたとしても、
見てから反応できる距離ができるからです。これが重要です。
ここでは、相手の足の後ろに自分の足をおき、後ろに下がれないようにしてから、
腕と肩を持ち肩をカカトの方向へ落としてやると、相手が踏ん張れませんので倒れてしまいます。


護身術動画は、普段練習で行っている護身テクニック・技の一部を紹介しています。
やんわり護身術の会 日野・八王子・多摩

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

TAQ

Author:TAQ
管理人のTAQです。道場をイメージすると痛そう、つらそう、怖いというイメージがあると思いますが、女性がやりやすい怖くない護身術を目指しています。想定される危険に合わせて、柔らかい動きで相手を崩したり押さえ込んだりします。すぐ実用という訳にはいきませんが、ゆっくりと体力つけながら稽古しませんか?

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
一括検索
本文の文字をクリックするとキーワードが自動選択されます。

カリ/練習用ナイフ用品の無極堂
無極堂バナー
ブログ内検索
リンク
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして