護身術教室:正面から首を絞められた場合の対処

正面から首を絞められた場合の対処の例です。

本気で首を絞められると一瞬で呼吸ができなくなり、とても苦しくパニックになりやすいので、
シンプルな動きで対応する必要があります。
相手の肘がまっすぐだと絞める力が入らないので、必ず腕が曲がっていて距離が近くなります。
そこを利用し、指でのど仏の急所を押し込むように突きます。
相手はむせかえるようになり離れます。その隙をみて逃げます。
首を絞められたらすぐに行動する必要があります。
シンプルすぎて動画がわざとらしいと思われるかもしれませんが、
実際効果はてきめんです。この練習は苦しいので1日に何度もできません。
このような局面にならない防犯意識・防犯対策をもって行動してください。



護身術動画は、普段練習で行っている護身テクニック・技の一部を紹介しています。
日野市やんわり護身術の会 日野・八王子・多摩

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

TAQ

Author:TAQ
管理人のTAQです。道場をイメージすると痛そう、つらそう、怖いというイメージがあると思いますが、女性がやりやすい怖くない護身術を目指しています。想定される危険に合わせて、柔らかい動きで相手を崩したり押さえ込んだりします。すぐ実用という訳にはいきませんが、ゆっくりと体力つけながら稽古しませんか?

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
一括検索
本文の文字をクリックするとキーワードが自動選択されます。

カリ/練習用ナイフ用品の無極堂
無極堂バナー
ブログ内検索
リンク
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして