護身術教室:両手で胸ぐらを掴まれた場合の対処

男性が遭遇しやすい胸ぐらを両手で持ち上げ気味に取られた場合の対処例である護身術動画です。

両手で襟首を掴まれて上に持ち上げられそうになるケースは想定されます。
そのまま持ち上げて前方へ進んで壁に叩きつけたり、引き寄せて投げるなどが考えられますが、
距離的に引き寄せざまに頭突きがくるのを一番に警戒しなければいけません。
顔の前でまずブロックします。
あからさまにブロックすると相手に動作を気づかれてしまったり警戒されてしまうので、
ほんわりと手を開きます。
ゆっくりとした動きで、相手の頭の側面に手を滑らせて、耳または髪をしっかりと掴み、
自分が小さく回転してゆくと、相手もついてきますので痛みで自然に相手の手が外れます。
目を突くという方法も適用できますが、相手を傷つけてしまうのでここでは耳をとります。



護身術動画は、普段練習で行っている護身テクニック・技の一部を紹介しています。
やんわり護身術の会 日野・八王子・多摩

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

TAQ

Author:TAQ
管理人のTAQです。道場をイメージすると痛そう、つらそう、怖いというイメージがあると思いますが、女性がやりやすい怖くない護身術を目指しています。想定される危険に合わせて、柔らかい動きで相手を崩したり押さえ込んだりします。すぐ実用という訳にはいきませんが、ゆっくりと体力つけながら稽古しませんか?

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
一括検索
本文の文字をクリックするとキーワードが自動選択されます。

カリ/練習用ナイフ用品の無極堂
無極堂バナー
ブログ内検索
リンク
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして