ナイフを見たら逃げましょう

バーチャル護身術教室、 護身術講座です。
今回のテーマは対ナイフです。

護身術といえば対武器術、その中でも対ナイフ、短刀取りが必ず技として存在します。
当護身術教室でも、ナイフ術を練習する訳ですが、
このナイフというのはやっかいなモノで、想像以上に危険です。
切れ味あざやかで、あっというまに動脈や筋がスパッと切れます。
刺さなくても、刻まれてしまいます。力をいれずに、重みで振り下ろす程度でも切れます。
しかも軽いのでスピードもはやく、リーチも素手より長くなります。

そんな武器相手と闘えますか?

上の映像では本物のナイフと相対していますが、ルールがあるので怪我しないのです。

いくら護身術をやっていても、やはりナイフを見たら逃げましょう。
映画のようにナイフより早く動いて、蹴って落とせばいいと思うのは浅はかです。

護身術教室の練習では、初心者は決められたパターンに対して護身行動を練習します。
上級になればパターンから抜ける努力を行いますが、基本はケーススタディにすぎません。

練習相手は自分を本当に刺す気持ちで向かってきているでしょうか?
せっぱ詰まって生死をかけて刺すといった気持ちをもっているでしょうか?
ナイフで刺すといった危険なシチュエーションを少し考えてみるだけでも、

・刺すつもりはないけど脅している
・相手が動けば斬るつもりで冷静に構えている
・怖くてパニックに陥り、振り回して当たればと思って突っ込もうとしている
・殺意をもって相手をしとめようと向かおうとしている

などなど想像できます。

精神状態やナイフ使用の目的、経験、持ち方や振り方など、
様々な要素が絡み合い、きっと同じようなケースは存在しないでしょう。
これはナイフに限らず全ての攻撃に共通する事です。
このような危険があるため、逃げるが勝ちと言いたいのです。

護身術教室では、初心者は簡単に刺されるという疑似体験をします。
このナイフの怖さを身をもって体験して、生半可に戦ってはいけないと理解できます。
練習で動きのパターンが変わると切られてしまうという動画も掲載したいと思います。

刺されるだけでは護身術になりませんので、教室では基本パターンを練習しつつ、
初心者でもフリーの切り込みに対して、体が凍らないで、
とりあえず何かの動きがとれるようにと練習していきます。
対ナイフ術というよりも、体裁きの練習を重要視しています。

やんわり護身術の会

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

TAQ

Author:TAQ
管理人のTAQです。道場をイメージすると痛そう、つらそう、怖いというイメージがあると思いますが、女性がやりやすい怖くない護身術を目指しています。想定される危険に合わせて、柔らかい動きで相手を崩したり押さえ込んだりします。すぐ実用という訳にはいきませんが、ゆっくりと体力つけながら稽古しませんか?

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
一括検索
本文の文字をクリックするとキーワードが自動選択されます。

カリ/練習用ナイフ用品の無極堂
無極堂バナー
ブログ内検索
リンク
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして