護身術が危ない?

バーチャル護身術教室、 護身術講座です。
今回のテーマは”護身術が危ない?”

どこかで護身術を学ぶこと自体が危険だと聞いた事があります。
一部当たっていると思います。術や技よりも防犯意識が大切であるからです。

道場で強くなった気になって
危険に対して飛び込んでしまうかもしれないからです。

特にナイフなどの武器を持った相手は危険です。
自分を戒めつつ、、、これが一番怖いことだと思います。

なにをやるにしても中途半端が一番怖い。
短期間で技が身につくモノでもありません。

はっきり言いましょう。消極的ですが、
基本原則があります。
・構造的に女性より男性のほうが強い
・自分より体重の重い人は強い
・自分より身長の高い人は有利
・武器を持っている人はかなり強い
・武器は長い方が有利
・複数相手はかなり強い
・普段の運動量・筋肉量が多い方が強い
・経験が多い方が強い
・力が技にまさる場合は多い

原則から不利である場合は、確立的に負けてしまう訳です。
今や極真空手の黒帯なんて、組まれたら弱いよなんていう人もいますが、
私はそうは思えません。体力、筋力、体重とも鍛え上げられている人達ですから、
それ以下の人であれば、土俵にあがった時点で階級違いなようなものです。

従って、相手を見極められなければ戦っては危ないという事です。

技だけに走らず、危険にあわない防犯対策や防犯意識を常にもって、不利な条件を少しづつ克服していってください。

日野市やんわり護身術の会 八王子市・多摩市

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

TAQ

Author:TAQ
管理人のTAQです。道場をイメージすると痛そう、つらそう、怖いというイメージがあると思いますが、女性がやりやすい怖くない護身術を目指しています。想定される危険に合わせて、柔らかい動きで相手を崩したり押さえ込んだりします。すぐ実用という訳にはいきませんが、ゆっくりと体力つけながら稽古しませんか?

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
一括検索
本文の文字をクリックするとキーワードが自動選択されます。

カリ/練習用ナイフ用品の無極堂
無極堂バナー
ブログ内検索
リンク
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして