身近にある危険と防犯対策としての護身術

バーチャル護身術教室、 護身術講座です。

護身術というと、何となく相手を倒す技を想像してしまいます。
実際練習するときは急所をついたり、関節技を練習したりする訳ですが、
前提としてその技を使うような場面を避けるという防犯意識こそが一番大切だと考えます。

じゃぁ何で練習するのかと聞かれそうですが、
それは生命保険と同じようなモノ。
もしもの事故(危険)に対しての備えです。
リターンの金額は、練習量で決まるといった所でしょうか。

危険を回避するには技と並行して、
防犯対策の心構え、そして理論も身につける必要があります。

日野市やんわり護身術の会
”暗い夜道はひとりで歩かない”とみんなが、そう思うでしょう。
このような場面は避けるという行動が、自然にみにつけた護身行動です。
この夜道を避けるというような考えと行動を、様々な危険に対してとる必要があります。

私の同級生は電車の中で注意したら殺されてしまいました。
注意する前に、もしもを考えてから行動しなければ最悪の結果もありえるのです。

喧嘩になりそうになったら、理不尽な気持ちをこらえて”ごめんなさい”
と言って場を逃れる。 こんな行動がとれれば最高ですね。
武勇伝をつくりたい気持ちもわかりますが、
避けられれば怪我も負ける心配もありません。
負けるが勝ちの行動ができるように心の精進もして参りましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

TAQ

Author:TAQ
管理人のTAQです。道場をイメージすると痛そう、つらそう、怖いというイメージがあると思いますが、女性がやりやすい怖くない護身術を目指しています。想定される危険に合わせて、柔らかい動きで相手を崩したり押さえ込んだりします。すぐ実用という訳にはいきませんが、ゆっくりと体力つけながら稽古しませんか?

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
一括検索
本文の文字をクリックするとキーワードが自動選択されます。

カリ/練習用ナイフ用品の無極堂
無極堂バナー
ブログ内検索
リンク
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして