2009/09/26 練習レポート

受身とVステップをしている間に、先生到着。

今日から、新しいパンチさばきが加わりました。
毎週やっていくそうです。
これが体になじんできたら、かなりよいのではないでしょうか。

カリの2ビート。

そして今日の技。

手首をつかまれたら、つかまれた手で、もう一方の手首をつかみに行って、振り向きざま、足をひっかけ崩したおす技。

手首つかまれたら、空いた手で、もう一方の手首をつかみ、つかまれた手を上げ、回り、倒す技。

逆手首つかまれたら、相手に並ぶように入り、相手の後ろへ足を差しこみ、足の付け根に手を伸ばして崩し倒す技。

逆手首つかまれたら、Vステップで相手の背後に入り、もう一方の手をひっかけ、膝をけり、崩す技。

そう、先生曰く、
「今日のポイントは、
相手の攻撃してくる手と反対の手にアプローチしていくこと。」

あ~!そうか!
そう言われれば、そんな技だ!!

そして、これからが上級編。

手首をつかまれた状態ではなく、他のシチュエーションで、同じ技を使って崩すこと。

同じ動きをしたらいいのに、それがなかなか出来ないものです。
しかし、出来るようになりたいものです。
とても重要なことです。

どれかひとつでもしっくりくる技があったら、ちょっと思い出してみたり、家でちょっと動いてみたりすると、とても良いと思います。
次につながるってやつです。

さ、そして、30秒目を閉じて、今日の技の復習。
視覚がさえぎられると、判断力が鈍り、実行に移すまでの時間が長くなってしまいます。
先生のように、一瞬で判断して行動できるようになりたいです。

残り時間でナイフさばきのポイント。
膝を柔軟に使って、Vステップと一緒に、上体を傾けること。足を残すこと。
そうすることによって、相手との距離が離れすぎず、相手の懐に入っていきやすい。
小さいことだけど、大きいこと。

さて、先生と私の共通認識として、
「みんな、受身が上手くなった!!」
と、強く思いました。

継続は力なり。

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

TAQ

Author:TAQ
管理人のTAQです。道場をイメージすると痛そう、つらそう、怖いというイメージがあると思いますが、女性がやりやすい怖くない護身術を目指しています。想定される危険に合わせて、柔らかい動きで相手を崩したり押さえ込んだりします。すぐ実用という訳にはいきませんが、ゆっくりと体力つけながら稽古しませんか?

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
一括検索
本文の文字をクリックするとキーワードが自動選択されます。

カリ/練習用ナイフ用品の無極堂
無極堂バナー
ブログ内検索
リンク
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして