流派について

やんわり護身術の会 流派について

やんわり護身術の会は現在の段階では、流派に属していません。

世界最大のボディーガード組織であるIBA(国際ボディーガード協会)認定の国際ボディーガードバッジを取得したインストラクターが、空手、柔道、合気道、古武術などの技術や、ボディガードや軍隊が使用する実戦的な打撃、投げ、関節技などを簡単なものにアレンジして指導にあたります。

武器としては、ナイフ、短刀、警棒、木刀、杖、半棒、バット、拳銃
身近なモノから、傘、バッグ、タオル、雑誌、ベルト、ジャケット、ネクタイ、ペットボトル
護身用具では、スタンガン、警棒、催涙スプレー、防犯アラーム

このような武器を体験したりする事もあります。特にナイフ対策は練習します。
危険の想定される屋外でも練習も行うようにしています。
護身術の前に防犯意識や防犯行動が大切となりますので、
そちらも学習しながら危険に遭わないようにします。

私達はひとつの流派を追求せずに、
なるべく多くの危険を想定して体験し、
有事にパニックを起こさないで何かしら反応できるように目指しています。

日野市やんわり護身術の会

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

TAQ

Author:TAQ
管理人のTAQです。道場をイメージすると痛そう、つらそう、怖いというイメージがあると思いますが、女性がやりやすい怖くない護身術を目指しています。想定される危険に合わせて、柔らかい動きで相手を崩したり押さえ込んだりします。すぐ実用という訳にはいきませんが、ゆっくりと体力つけながら稽古しませんか?

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
一括検索
本文の文字をクリックするとキーワードが自動選択されます。

カリ/練習用ナイフ用品の無極堂
無極堂バナー
ブログ内検索
リンク
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして